« 新年初採用 | Main | アプコン導入&スピーカー一新 »

ザ・ドリームマッチ’06

昨年に引き続き放送されたシャッフルコンビによるネタバトル、「ザ・ドリームマッチ」。今回は前回司会のダウンタウンもシャッフルに加わるとのことで、期待して番組を見た。

1.ロンブー・淳&ダウンタウン・浜田
ここぞとばかりに浜ちゃんへ激しい突っ込みをするネタ。普段のS芸人振りが知られているからこそ、行き過ぎた突っ込みをしたときのリアクションに笑いが生まれる、そこは計算ずくだったと思うが、その計算がうまくはまった感じだ。

2.山口智充&キャイ~ン・天野
今年もぐっさんの多芸振りを生かしたコント。飛行機が落ちるところの音真似は面白かったのだが、ちょっと新鮮味がなかったかな、という感じも否めない。

3.雨上がり決死隊・宮迫&ロンブー・亮
漫才形式。ボケの部分は同じものを使い(これはうまく考えたと思う)、それに対する突っ込みを替えていく展開で、これもどちらかといえば宮迫の動きで笑わせるように出来ていたが、ぐっさんのネタと比べると飽きが来ず楽しめた(このあたりは好みの問題か?)。

4.キャイ~ン・ウド&出川哲朗
強烈な天然ボケキャラと、リアクションキャラの組み合わせがどう働くのか、方向性によってはとんでもないことになるかも、と予想していたのだが、ボケきれず、突っ込みきれず、といった感じで終わってしまった印象。少し残念。

5.ダウンタウン・松本&さまぁ~ず・三村
コントで次々ボケるのは松ちゃんの得意とするところであるし、三村突っ込みはどんなボケにも対応できるので、相性は良かったのではないだろうか。ネタは松ちゃんならではのもので、ある意味安心してみることが出来た。ただしそういう意味では新鮮味はなかったか。最後のブーイングはネタ全体にではなく、オチの唐突さに対してではないだろうか?

6.ココリコ・田中&雨上がり決死隊・蛍原
個人的には一番良かったと思っている。ネタも数多く散りばめられていたし、「ハンミョウ」の天丼、忘れた頃にチャイムを鳴らすなど細かい技巧も取り入れていて、3時間で練ったとは思えない完成度だった。このネタのオチにも多少ブーイングがあったのだが、これは伏線があったのでオチが読めてしまった、という意味でのものか、それともブーイングをした人にとってはオチが意外すぎたのか、よく分からない。

7.さまぁ~ず・大竹&ココリコ・遠藤
去年の修理屋に引き続き、今年はレスキューで登場の大竹。大竹のボケが独特なのだが、それに負けずに遠藤が応戦しており、なかなか良かったのではないだろうか。

結果、優勝は淳・浜田コンビ。思い切りの良い突っ込みが評価された形か。
個人的な優勝は前述の通り、田中・蛍原コンビ。

来年もあるかは分からないが、今度は3時間ではなく、去年のような数日ネタ合わせの時間を取れる形式でもう一度見てみたい。

|

« 新年初採用 | Main | アプコン導入&スピーカー一新 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ザ・ドリームマッチ’06:

« 新年初採用 | Main | アプコン導入&スピーカー一新 »